ニュース&トピックス | 徳島産業保健総合支援センター
ホーム
お問い合わせ
サイトマップ
サイトポリシー
文字の大きさ
元に戻す
TOP > ニュース&トピックス

特定化学物質障害予防規則の一部を改正する省令の施行について

2017/3/15

労働安全衛生法および関係法令に基づき、事業者には一定の有害業務に従事する労働者に対し、特殊健康診断を行うことが義務付けられています。

この度、国内のオルト-トルイジン 取扱い労働者、3,3’-ジクロロ-,4’-ジアミノジフェニルメタン(略称MOCA) 取扱い労働者に膀胱がんが発生したことなどを踏まえて、これら2つの物質の特殊健康診断について、特定化学物質障害予防規則(特化則)などが改正されました。
それぞれの物質について、健康診断を適切に実施いただくようお願いします。

【今回の特化則などの改正のポイント】

1 オルト-トルイジンが新たに特殊健康診断の対象となり、膀胱がんや溶血性貧血などを予防・早期発見するための検査項目が定められました。(平成29年1月1日施行)

2 MOCAの特殊健康診断の検査項目に、膀胱がんなどを予防・早期発見するための項目が追加されました。(平成29年4月1日施行)

※詳細は以下のPDFファイルをご確認ください。
※厚労省発行のパンフレットは上記タイトルをクリックしてください。

([pdf] バイト)

ページのTOPへ