ホーム
お問い合わせ
サイトマップ
サイトポリシー
文字の大きさ
元に戻す
TOP > ニュース&トピックス

平成28年の職場における熱中症による死傷災害の発生状況が公表されました

2017/6/8

厚生労働省から平成28年の発生状況が公表されました。
平成28年の熱中症による死亡者数は12人で、平成27年よりも17人減少しましたが、そのうち建設業が7人を占めており、高い割合となっています。

死亡した12人に係る災害の発生状況等をみると、WBGT値の測定は12人の災害発生場所においてなされていませんでした。
また、熱への順化期間の設定は9人においてなされていませんでした。
さらに、事業者による水分及び塩分の準備は8人、健康診断の実施は5人において実施されていませんでした。

今年の夏は、全国的に 気温が平年並みか平年より高くなることが見込まれ、熱中症による労働災害が多く発生することが懸念されます。
厚生労働省では、 平成29年より新たに、職場における熱中症予防対策として、5月1日から9月30日まで「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施していますので、こちらも併せてご確認ください。

([pdf] バイト)

ページのTOPへ