ホーム
お問い合わせ
サイトマップ
サイトポリシー
文字の大きさ
元に戻す
TOP > 治療と職業生活の両立支援について

治療と職業生活の両立支援について


かつては不治の病とされた疾患も、近年の医療技術の進歩により仕事を辞めず働き続けることができるようになってきました。しかし、仕事上の理由で適切な治療を受けることができなかったり、疾病に対する自分自身の理解や職場の理解・支援体制不足により退職を余儀なくされたりするケースも多くみられるのが実情です。
当センターでは、県内の事業場における治療と仕事の両立のための取組・両立支援制度の導入等を支援するため、無料で以下のサービスを実施しています。

相談対応

治療と職業生活の両立支援に関する様々な相談に、電話、メール、面談等により対応します。
企業からのご相談以外に、患者(労働者)およびその家族の方もご利用いただけます。
平成29年4月3日から県内の6か所のがん診療連携拠点病院等にも相談窓口(予約制)を開設します。

個別訪問支援

これから両立支援に取り組む企業等の依頼を受けて、両立支援促進員(社会保険労務士等の専門家)が事業場を訪問し、治療と職業生活の両立支援に関する制度導入の支援や管理監督者、社員等を対象とした意識啓発を図る教育を実施します。

個別調整支援

両立支援促進員が、事業場に出向いて個別の患者(社員)に係る健康管理について、事業者と患者(社員)の間の仕事と治療の両立に関する調整支援を行い、両立支援プラン・職場復帰支援プランの作成を助言、支援します。
この支援は、労働者ご本人または事業者からの申出により実施します。
※支援の実施に当たっては、患者(労働者)ご本人の同意が必要になります。

事業者啓発セミナー

平成28年2月に厚生労働省から示された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」等の普及・啓発を目的とした事業者等を対象とするセミナーを実施します。

ご利用方法について
以下の場所に相談窓口を開設しております。
相談は予約制です。お申込み後に相談日時等についてセンターからご連絡致しますので、まずは、電話、FAXまたはメールフォームによりお申込み下さい。

相談実施場所相談方法事前お申込窓口
徳島産業保健総合支援センター電話・メール・面談徳島産業保健総合支援センター
月~金曜日(祝日を除く)
9時~17時
事前に電話・FAX等でのお申込みが必要です。
徳島大学病院面談のみ
徳島県立中央病院面談のみ
徳島赤十字病院面談のみ
徳島市民病院面談のみ
徳島県立三好病院面談のみ

 電 話 :088-656-0330
 FAX :088-656-0550



※対象疾病:がん、脳卒中、心疾患、糖尿病、肝炎、その他難病など、反復・継続して治療が必要となる疾病

各種様式




治療と職業生活の両立支援に関するサイト

◆厚生労働省 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000115267.html

◆厚生労働省 障害者雇用安定助成金(治療と仕事の両立支援制度助成コース) 
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000162833.html

◆がん情報サービス(国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/index.html

◆徳島県のがん相談支援センター
https://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/xpConsultantMapResult.xsp?p=36

◆働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省)
http://work-holiday.mhlw.go.jp/

◆徳島県内の相談機関一覧「徳島県地域両立支援推進チーム」


事業者の皆様へ


はたらく皆様へ

ページのTOPへ